購入後に万が一の事があった場合は残された 家族はどうなるのだろう?

住宅ローンの支払いはどうなるのだろう?

これはかなり心配な部分ですよね。

今までのご相談で多かったのは、

 →残された家族は追い出されてしまうのか?

 →残った数千万の住宅ローンをスグに返して欲しいと銀行に言われるのか?

 →相続って聞いた事あるけど、税金など沢山かかって残された家族が困るのでは?

など、大事な家族のことを思ってのお悩みや不安が多いようです。

もちろん生物は、生きていれば「」から逃げることは出来ません。

ただいつ起こるかも分からない、突然の死に残された家族が準備をしてあげてないことで

不幸な人生を歩むことになったら・・・・・と考えるだけで胸が痛くなります。

そのような自体に起こらないように実は不動産を購入した時点で、家族を守る手続きは進められているのです。

購入して万が一の事があったら・・・

大半のオーナー様が住宅ローンを利用されるわけなんですが、その際に自動的に『団体信用生命保険』という保険に加入することになります。

住宅ローンの支払いの中に団体信用生命保険という保険料も一緒に払い込むことになります。

団体信用生命保険とは、お借入れしたご本人様が病気や事故で高度障害状態もしくは死亡された場合、債務残高に相当する死亡保険金が、金融機関に支払われます。

つまり借金として残りません。

この団体信用生命保険は生命保険の代わりにもなります。

ローン返済が無くなるので、毎月の家賃が収入になりますし、売却することにより現金にすることも可能です。

あーよかったら、じゃもったいぶらないで心配かけないように最初から言ってよーといわれてしまう事もありますが、

実際は、不動産購入時にしっかりご説明させていただいているはずです。

もし「あれ?そんな話されていない・・・・」「説明を受けたかもしれないけど、理解してなかった・・・ちゃんと話を聞かないといけないな(笑)」

なーんて思っている優しい方もいらっしゃいますが、

私どもお客様の資産運用を行っているファイナンシャルプランナーからすると、お客様の将来の不安をなくす大切な保険のお話をせずに(理解をさせてない、認識してない)

契約を締結している事自体が心配です。

当社AFRでは専門のファイナンシャルプランナーが、まずは将来の資産運用もそうですが、家族構成などしっかり把握し、ご提案します。

弊社のご契約いただくお客様は、よくご紹介や将来設計を変えたいということでもう一度利用いただくことが多く、

一度お話させていただいたお客様とは末永くお付き合いさせていただいております。

売るだけ、買うだけの仕事は絶対にしたくありません。

団体信用生命保険を活用するポイント

マンション経営の住宅ローンについてくる団体信用生命保険は、

掛け金のいらない生命保険にはったのと同じです。

すでに生命保険い加入している方は過剰な生命保険に加入している可能性があります。

万が一の事があった場合は、月々の家賃収入が満額家族に入りもし売却してしまえばまとまったお金に変える事も可能です。

『仮に1000万円の物件を所有した』となると、1000万円の死亡保障保険に加入したのと同じことになります。

生命保険と同じ効果が得られるわけなんですが大きく違う点があります。それは保険料の支払いです

保険料金は住宅ローンの中に含まれています。その住宅ローンの支払いはご自身の財布の中からでしょうか?違いますよね。

入ってくる家賃収入で支払うわけなんです。

この世の中どこを探しても保険料を支払わずに加入できる生命保険はないと思います

皆様も再度ご自信の将来設計を一緒に考えてみませんか?