消費税増税はマイホーム購入のような大きな買い物にかなり影響が出ます。

2014年4月に消費税が5%から8%に引き上げられたことはつい最近の話です。

2017年4月に消費税10%への引き上げが予定されていましたが、2019年10月に再延期されることになり、いよいよ消費税が増税される中で住宅購入者にはどのような影響が出てくるのでしょうか?

この記事では消費税10%増税に向けて押さえておきたいポイントについて書いていきたいと思います。

消費税10%が与える影響【売買価格】

マイホームを購入する際に消費税が課税されるのは建物にかかる価格になります。

土地はもともと消費されるものではありませんので消費税はかからないです。

消費税が10%に増税の影響としては

【建物部分の価格が2,000万円のマイホームを購入した場合】

2,000万円×消費税8%=2,160万円

2,000万円×消費税10%=2,200万円

消費税10%適用だとマイホームを購入する際のは金額が大きい分、負担額も大きく変わります。
住まいの窓口

消費税10%が与える影響【仲介手数料】

仲介手数料はマイホームの購入の仲介をしてくれた不動産会社に支払う報酬です。

この仲介手数料は「売買価格×3%+6万円」×消費税となり課税対象となりますので注意が必要です。

【建物部分の価格が3,000万円のマイホームを購入した場合】

3,000万円×3%+6万円に消費税8%=1,036,800円

3,000万円×3%+6万円に消費税10%=1,056,000円

消費税の増税によって仲介手数料が19,200円値上がりします。

売買価格に対する消費税の方が仲介手数料に対する消費税よりも大きいですが、負担が増える事は間違いないです。

消費税10%が適用されるまでの購入の期限は?

2019年の9月30日までに購入すれば8%の消費税で住宅を購入する事ができます。

ただ、注意したいのがこの日までに物件の引き渡しを受ける事が条件になります。

考えておきたいのが、不動産の売買契約は引き渡しまで時間がかかるという事です。

すでに契約を締結している場合でも契約から実際に所有できる決済までにある程度時間がかかるので逆算して物件を探し始める必要はあります。

また、注文住宅の場合ですと完成時期が遅れてしまう場合もあります。

工事請負契約の締結時期が重要ですので請負契約を2019年3月31日前に締結すれば例え引き渡しが2019年9月30日以降になっても8%の消費税が適用となります。

「住宅ローン控除」で消費税増税の負担を減らす事ができる

住宅ローン控除とはマイホームを購入してから6か月以内に入居してその後も住み続ける事で入居した年から10年間はローンの残高の1%相当額が所得税から控除されるものです。

10年間で最大で400万円もの所得控除が受けれるので、所得税と住民税の負担は軽減されます。

消費税増税だからと急いで買うと損する?

消費税による負担額が増える事は間違いない事実です。

ただ、消費税増税による駆け込み需要を狙って足下を見てくる不動産会社もあります。

消費税増税前の駆け込み需要が増えるとその反動で増税後の反動も大きくなると思います。

増税後は消費が多少なりとも冷え込むことも予想されるので、不動産の販売価格が落ち着く可能性もあります。

消費税増税で急いで購入したのはよかったが、増税後に不動産の販売価格が全体的に下がる可能性もあるわけです。

中古住宅に関しては売主が消費税の課税対象事業者でない「個人」のケースも多く、もともと消費税は課税されません。

中古住宅を検討している場合は増税後の値下がり時期を利用して購入するのも一つの選択肢です。


まとめ

この記事では消費税10%増税に向けて押さえておきたいポイントについて書いてきました。

消費税増税がマイホームを購入するきっかけになる事もあります。

大切なのは消費税増税以上に将来のライフプランを家族としっかり話し合い、話し合った結果で決める事が大切です。

消費税増税前が購入するベストなタイミングなわけではなく、家族としっかり話し合って決めたタイミングがベストです。