マンション投資とはマンションを購入し、人に貸して貸す代わりに家賃を受け取るオーナーさんになるという事です。

マンション投資には大きく分けると2通りあります。

◇一棟マンション

◇区分所有(一部屋)マンション

この記事ではマンション投資を始める際に知っておきたい区分所有マンションと一棟マンションのそれぞれの特徴について書いていきたいと思います。

区分所有マンションとは?

区分所有マンション投資とは一棟のマンションのうち、一部屋や数部屋を購入し、家賃収入を得ることを目的とする投資方法です。

一棟マンション投資と大きく違うのはマンションの一区画を購入するため多大な投資資金を必要とせず、低リスクではじめることができるのが最も魅力的な点と言えます。

区分所有(1部屋)マンションのメリット・デメリット

区分所有マンション投資のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

・一部屋からスタートできるので初心者の方向けですが、家賃も一部屋分ですので入ってくる家賃収入は大きくはない。

・住宅ローンを利用することによって最初にお金を出さずに購入する事が可能。

・一気に資産を増やす事はできませんが、そこまで資金に余裕がなくとも失敗する可能性は低い。

・自分のペースで一部屋ずつ増やす事ができるのでリスクをコントロールできる。

・一部屋だけの所有となるので手間がかかりにくいので本業に専念できるので特にサラリーマンの方には適しています。

安定性重視なら区分所有マンション投資

現在では、入居希望の需要が高い区分所有マンション「ワンルームマンション」を購入する人が増えており、不動産投資家の間でも多く取引されています。

投資金額が少ないため融資自体も通りやすく、不動産としての流動性も高いため、自然災害などのリスク分散も行いやすくなっています。

ワンルームマンションなどのマンション投資は、大きな収益ではなく、安定的に年金のプラスαとなるような副収入を考える人にはおすすめとなっています。

一棟マンション投資とは?

一棟マンション投資とは、アパートやマンションを部屋単位で投資する区分所有ではなく、一棟単位でマンションなどを購入して家賃収入やその売却収入で投資資金の回収と利益を得る投資方法です。

一棟マンションのメリット・デメリット

一棟マンション投資のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

・経営努力は必要ですが、入ってくる家賃収入が大きい。

・購入する際には全額融資を受ける事はまず難しい為、必ず頭金等の初期費用が百万単位でかかる。

・融資を利用する事により一気に資産を増やす事は可能ですが、ある程度資金に余裕がないと急な出費に対応できず失敗することもあります。

・建物全体を所有しているので、手間がかかる為、本業と両立は難しい。

・建物の老朽化が進み取り壊さなければならなくなった場合でも土地は自分のものになります。

・もともとかなり資産がある方にとっては相続税対策や節税対策としてメリットあります。

一棟マンションは優良物件が少ない

一棟マンションといってもその立地や環境は多種多様です。

一棟マンションでも区分所有マンションでも同じことが言えますが、市場で人気のあるのはやはり最近の都心回帰現象にそった都心型マンションです。

一般的には最寄駅から徒歩圏のものが好まれる傾向にあります。

郊外部、準郊外部のマンションでも一棟売りされているものは数多くありますが、購入後に入居率の問題が出てくるケースが多いです。

まとめ

この記事ではマンション投資を始める際に知っておきたい区分所有マンションと一棟マンションのそれぞれの特徴について書いてきました。

一棟マンションは利益も大きいですが、その分リスクも大きくなります。

あまりリスクをとりたくないという方には区分所有マンションがおすすめだと思います。