投資について調べていると「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」という言葉を目にしたり耳にしたりします。

不動産投資においても良く出てくる言葉です。

この記事では不動産投資のキャピタルゲインとインカムゲインについて書いていきたいと思います。

不動産投資のキャピタルゲイン

所有する資産の価値が上がった時に売却し、それによって得る利益の事を言います。

この資産には不動産(土地、建物)、株式や債券などの有価証券、外国為替で得た利益などがあります。

他にも貴金属やゴルフ会員権などもこの資産に含まれます。

株式など価格が変動する投資商品を安く購入して価格が上がった時に売却した時の利益はキャピタルゲインと呼び価格が下がった時に売却して損失を出した場合をキャピタルロスと呼びます。

このキャピタルゲインの特徴としては大きく利益を見込める事です。

しかし利益が発生するタイミングは売却時のみにになりますので売却できなければ利益は一切発生しません。

不動産投資と言えば一昔前(バブル経済の時期)はキャピタルゲインで大きな利益を出す投資方法が主流でした。

これは銀行から融資を受けて転売目的で不動産を買ったとします。

そして値上がりを待ってから売り抜ける事ができれば膨大な利益を得る事ができました。

今の時代は不動産のキャピタルゲインを狙ったとしても大きな利益を出して売り抜ける事は不可能だと思います。

現在の日本の不動産はキャピタルゲインで利益を出すには市場が活性化していませんし異常な経済状況でないと難しいと思います。


不動産投資のインカムゲイン

インカムゲインとは資産を所有し続けることにより得られる安定した現金収入の事を言います。

不動産投資でいいますと家賃収入がインカムゲインです。

家賃収入以外でも銀行の金利、債券の利息、株式投資の配当金、投資信託の分配金などがインカムゲインとなります。

特徴としては安定性はありますが、キャピタルゲインのように1回の利益は大きくありません。

ただ、家賃収入というのは急激に上がることもありませんが、下がることもなく安定した収入が見込め利益は所有している限りずっと発生します。

現代の日本の不動産投資はこの投資方法が主流になっています。

不動産投資でインカムゲインを安定的に得るには?

インカムゲインを狙う不動産投資には注意点があります。

インカムゲインを安定的に得る為には物件選びがとても大切です。

入居者がなかなか決まらない物件に関しては家賃も入らず絵に描いた餅になってしまいます。

入居率が特に重要になりますので

賃貸需要はあるのか?

好まれる間取なのか?

周辺環境はどうなのか?

借りる人はどういった人?

等を踏まえた上で物件選びが重要となります。


まとめ

この記事では不動産投資のキャピタルゲインとインカムゲインについて書いてきました。

現在は金融機関の融資も厳しい状況ですので、今後は物件の金額も下がっていくと考えられます。

そんな状況の中で不動産投資でキャピタルゲインを狙うのはなかなか難しいと思います。

逆に家賃に関しては安定していますし、下がっていく事は考えにくいので、不動産投資で狙うのは今後もインカムゲインだと思います。