賃貸物件オーナーの経営実態

日本最大級の不動産情報サイトホームズを運営しております株式会社LIFULLの調査によりますと30代~50代が中心で4割以上はさら会社員の方という事でした。

43%は会社勤めと並行して不動産投資を行っているようです。

年齢構成に関しても40代が35.2%と最も多く、30代も22.8%と比較的若い世代が中心になっている様子です。

お金持ちがするものではない

マンション経営ってどうせお金持ちがするものなんでしょ?お金ないしマンション経営なんて関係ない話というイメージがほとんどでした。

確かにバブル期には1億円で買ったものを1億1,000万円で転売し利益を1,000万円得るような売って利益を出すために買うという手法です。

金額も今とは比べようのないくらいでしたし、かなりお金がないと取り組むことはできなかった投資でした。

時代は流れて売却して利益を出そうという手法から毎月の家賃を得る為の投資スタイルになっていったのが約20年前くらいからです。

ただ現金ではなく住宅ローンを組み購入する訳なんですが、お金を貸す側の銀行などもバブル崩壊で慎重になっている為、融資する際はどんな仕事をしている方なのか?ほんとに貸して大丈夫なのか?

等とても審査が厳しく例えば病院の先生、会社員の中でも上場企業の一部のかなり上の役職の方しか融資しませんでした。

しかし近年では審査基準もかなり緩和され普通の会社員の方が取り組めるようになっています。

本業とは別に取り組んでいる会社員の方、サラリーマン大家さんが多くなってきております。

ではなぜ会社員の方がマンション経営を始めるのでしょうか。

会社員がマンション経営を始める理由

会社員がマンション経営を始める理由としては以下の二つがあります。

①将来に対して不安があるから

現在は少子高齢化の為、多くの方が将来年金を受け取る事ができないのでは?と不安を抱えています。

老後の資金作りは早いうちから始めようと雑誌で情報収集したりセミナーに積極的に参加する方も多く何もしない

事がリスクと言える時代となってきております。

その資金作りとしてマンション経営があります。

②本業があるからなかなか時間がない

マンション経営以外にも資金作りをする方法自体は多数あります。

会社員の方は会社の決められた時間の中で働いています。

例えば株式投資ですが、仕事に追われる中で株価をこまめにチェックしたりする時間を確保する事は難しい事だと思います。

マンション経営に関してはお部屋の世話をしてくれる不動産管理会社というものがあります。

購入後は不動産管理会社へ丸投げ状態となる為、自分が何かしないといけないという事はありません。

入ってくる家賃は一定ですので株価のように上がったり下がったりと一喜一憂する事はないのでストレスを抱えることなく本業に専念できます。
サラリーマンが自己資金0円で始めるマンション経営とは?
マンション経営の成功オーナーに迫るDVD無料プレゼント!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35JTEN+D73YAI+3O76+5YZ77