マンションオーナーになる事のメリットとしては

・家賃収入という安定収入を受け取る事ができる

・節税対策ができる

・ローンを活用して始めると生命保険の代わりになる

・施設年金になる

といったものがありますが、利益に関しては家賃収入を得る「インカムゲイン」と売却した時の利益「キャピタルゲイン」があります。

節税対策としても家賃収入という収入に対して、必要経費を認めてもらえる為、経費を上げる事によって節税する事も可能です。

特に会社員の方(給与所得者)は年収が高くなるほど税金の負担がどんどん増えていきますので、節税は効果的です。

この記事ではマンションオーナーは儲かるのかどうかなどのマンションオーナーのメリットについて説明していきます。

自分に適したマンションを選ぶ為に

マンションオーナーといっても区分所有マンションオーナーと一棟マンションオーナーの二通りあります。

一棟マンションと区分マンションを比較した時に人気があるのは投資金額が少なくて済む区分マンションです。

区分マンションのメリット・デメリットを比較してみましょう。

■区分マンション投資のメリット

区分マンションのメリットとしては

・投資金額が少額の為、取り組みやすい

・経営管理に手間がかからない

■区分マンションのデメリット

デメリットとしては

・投資金額が少ないので、リターンも少ない

・資産は一部屋のみ

・一部屋の場合は空室になったら収入がゼロになる


新築マンションと中古マンションはどっちがいいのか?

中古マンションおメリットとデメリットについて見てみますと

■中古マンションのメリット

・初期費用が安く抑えられる

・入居者が相場の家賃で住んでいるケースが多く、下がりにくい

・新築物件よりも安く購入できる

■中古物件のデメリット

・融資を受ける際は新築よりも担保力が低い

・物件の間取りや設備が古く感じられる可能性がある

・かなり築年数経過していると耐震性の心配がある

家賃収入以外のメリット

家賃収入はマンションオーナーの大きなメリットですが、家賃収入以外にもメリットがあります。

マンションを購入する際には現金で購入する方は少ないです。

融資によりマンションを購入する方が大半になります。

このローンを利用して購入する事により団体信用生命保険に加入する事になります。

これは万が一ご本人が返済期間中に死亡または高度障害となった場合は団体信用生命保険が適用されてローンの残債は保険金から返済されます。

残された家族には無借金のマンションが残る事になり、毎月安定した家賃収入も受け取る事ができます。

残された家族に生命保険のような役割を果たせるのはマンション投資の大きなメリットです。


マンションはどうやって購入するの?

マンションの購入の流れについては大きく分けますと以下のようになります。

1.購入の予算を決める

2.物件の条件を決める

3.不動産投資会社を探す

4.物件の現地確認

5.買付証明書の提出

6.宅地建物取引士より「重要事項説明書」の説明を受ける

7.売買契約書を締結する

8.不動産投資ローの審査を受ける

9.物件の決済・引き渡しを行う

10.購入した不動産の賃貸管理会社を選ぶ

まとめ

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと言われています。

基本的に投資は大きなお金をかけるとリターンは大きくなり、小さいお金ですとリターン小さくなります。

マンション経営は区分マンションの方が少額で済みますし、リスクを最小限に抑える事ができますので、サラリーマンに人気です。