マンション投資をローンを組んで始めて失敗したという方もいらっしゃいます。

これは先々の返済計画、資金状況をしっかり把握していなかった為、失敗につながっているんだと思います。

失敗しない為には返済のポイントさえ抑えておけば

この記事ではマンション投資ローンで失敗しない為のポイントについて書いていきたいと思います。

マンション投資は運用計画が大切

年収の数倍する借り入れをするマンション投資ローンを組むという事は会社員の方にとっては大きな決断です。

普通に安定して勤務し続ければいずれは完済できるのですが、何があるかどうかはわからないのが人生だと思います。

先々を見越してしっかりした運用計画を立てる事が大切です。

月々の支払についてよく理解する

基本的に不動産を購入する際は住宅ローンを使って購入するのですが、マイホームとしての不動産だと毎月の支払いは全てご自身の給与の中から支払っていきます。

マンション投資の場合は大きく違います!!もうすでに人が住んでいる状態でスタートしますのでオーナーになった時点で毎月家賃がしっかり入ってきます。

月々の家賃でローンの返済を行っていくわけですので、支払いを他人がやってくれるのと同じです。


空室期間が長くならないように物件選びは慎重に

マンション投資は必ず空室が出て支払いを自分でやらないといけない期間が必ず発生します。

重要なのは空室の期間がどのくらい続くかです。

1年も空いてしまうような場所で始めると支払いが厳しくなります。

物件は立地と間取り、周辺環境等しっかり調査して購入する事が長期的な空室を防ぐポイントです。

空室時のマンション投資ローンの支払い額を把握しておく

空室時のマンション投資ローンの返済額をあらかじめ把握しておく事も重要なポイントです。

空室期間1ヵ月あたりに負担する金額ですが、金額によって変わってきますが目安としては下記の通りです。

1000万円のマンションを所有した場合の月々の負担分は約40,000円程

500万円のマンションを所有した場合の月々の負担分は約25,000円程

になります。

ご自身で負担できる範囲内の物件であれば支払いができなるリスクは回避できます。

マンション投資ローンで失敗しない為のポイント

①毎月の家賃の余り分と税金の戻り分をストックしておく。

②マンション投資用の通帳を作り毎年10万円は貯金する。

③住宅ローンの繰り上げ返済を常に意識し早期完済を目指す。

繰り上げ返済は特にお勧めしております。繰り上げ返済というのは毎月の支払いとは別に契約に基づいて借入金(元本)の一部または全部を返済する事です。

仮に500万円の物件を5年後に200万円繰り上げ返済しますと月々の支払いが1万円ちょっとになります。

繰り上げ返済の金額は自由ですが、無理のない程度に行うと良いです。

繰り上げ返済を意識すると自然と普段の無駄遣いの部分を削りマンションローンにあてて早く完済したいという発想も生まれます。

今は少しだけ苦労して先々楽になりたいという方には最適な方法です。


まとめ

この記事ではマンション投資ローンで失敗しない為のポイントについて書いてきました。

マンション投資ローンを組んで失敗しない為にも空室時の返済額がいくらなのかを把握しておく事がポイントです。

また、ローンの返済が厳しくなったという方に限って長期的な空室となっている場合が多いですので、物件選びはかなり重要です。