日本で20代で投資をしている人の割合はそう多くはありません。

株式のみのデータですと、20代前半、後半で0.9%と6.5%とかなり少ない割合になっています。

ちなみにアメリカの世帯ですと50%以上が投資関連商品を保有しているそうです。

20代で投資を始めるメリットとしてはどんなものがあるのかというと

一番大きいものは「時間」です。

何も投資や資産運用を始めなくとも自分が働けば稼ぐ事はできると思っていらっしゃる方も多いとは思います。

ただ、20代ですと実感がわかないと思いますが、人間は必ず年をとりますし思ったように体が動かなくなる時は必ず来ます。

20代から投資を少しづつ始めていれば、将来のリスクに備える時間を味方につける事ができます。

投資も短期的に収益を上げる株式投資や長い時間をかけて行う積立型の投資信託など、いろんな種類があります。

この記事では20代で投資を始めるなら長期投資がおすすめな理由を説明していきます。

20代が投資を始める前にする準備

投資初心者の20代の方はまず投資を知る事が大事です。

まずは勉強のために始めてみる

安全に利益を上げて将来に備える

という二つの理由があると思います。

勉強のために始めてみるのも良いですが、勉強にお金をかけるよりも実際に投資を始めながら勉強した方が効率が良いです。

もちろん、ハイリスクな投資で高いリターンを求めると勉強どころではなくなってしまいますので、まずはローリスクローリターンのものを選ぶと良いです。

専門家に相談してみる

投資を始める際に抑えておきたいポイントはたくさんあります。

自分で勉強していくのも良いですが、時間がかかってしまいます。

そこで専門家に相談するという方法があります。

専門家に相談する際に注意したいのは相談する先です。

例えば、証券会社に相談すると証券会社の営業にも成績というものがありますので、営業成績だけを優先して売り込まれることがあります。

そこで、営業利益に左右されない中立的な専門家が最近では注目さえています。

それが、独立系のファイナンシャルプランナーです。

独立系という言葉からもわかるように特定の金融機関に属さず中立的な立場で投資相談を請け負う専門家ですので、報酬は顧客の運用成績によって決められた割合となります。

その為、特定の商品を紹介すれば企業から報酬がもらえるわけではなく本当に顧客に合った商品を提案してくれます。

何故、長期投資がオススメなのか?

投資を始める際にはどんな投資スタイルにするのかどうか決める必要があります。

特にサラリーマンに長期投資をお勧めする理由としては毎日忙しい人でも無理なく継続して資産運用できるからです。

もちろん長期投資だけが利益を上げる手段ではありません。

デイトレードなどの短期投資で稼いでいる人も大勢います。

ただ、普通に会社に勤めている人が日に何度も株価をチェックして売買する事は難しいと思います。

また、20代で長期投資を始めると時間をかけれますので、ゆっくりと落ち着いた状態で資産形成していく事ができます。

長期投資のデメリットは?

長期投資は比較的に安全に運用する事ができる部分が大きなメリットになりますが、デメリットもあります。

■利益がすぐに出ない

長期に渡って投資を行っていくので短期間では効果が実感できないという部分があります。

■投資期間が長いので予測が難しい

例えば、株式投資ですと企業の一年後の大まかな動向については比較的に予想しやすいですが、5年後、10年後の動向ともなると予測は難しくなります。

まとめ

この記事では20代で投資を始めるなら長期投資がおすすめな理由を説明きました。

20代で投資を始めるのであれば、長期投資がオススメです。

時間を味方につける事ができますので、ゆっくりと時間をかけて資産形成していく事ができます。